2016年10月6日

新人の勉強メモpart6

教材紹介

新人プログラマーKです。

今回は前回に引き続き、私がプログラムの勉強に使っている教材について紹介します。

教材1

今回はこちら、左側の本について紹介します。

こちらは「JavaScript」で開発する上で、「正しい」プログラムの書き方について書かれている本です。

ところで「正しい」プログラムの書き方とは何でしょうか?
例えば計算で
2×2×2……×2のように、永遠と2を掛けていく計算をするとします。

欲しい答えは
2を10個かけたものと、
2を11個かけたものだとします。

悪い例では上と下でそれぞれ計算します。
2×2×2×2×2×2×2×2×2×2=1024
2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2=2048
計算はこのようになります。単順に2をかける計算を21回行ったことになります。

ここで、JavaScript には計算の結果を覚えておくことができます。
この機能を使うと
2×2×2×2×2×2×2×2×2×2=1024
1024×2=2048
と11回の計算で求められました。

どちらが速く計算できたでしょうか。
プログラムを書く上では効率的な書き方も必要となってきます。
もし計算する時間が数分もかかるようなプログラムでは
ホームページを見る人はストレスを感じるかもしれません。

この本には少々難しいですが、JavaScript でプログラムを書く上で大変参考になることが記載されています。

それでは今回はここまで。さようなら。


学習書
JavaScript入門教室
JavaScript:The Good Parts

新人の勉強メモ
前回:https://www.jss-net.com/blog/24492/
初回:https://www.jss-net.com/blog/24101/