Active!gateSS -メール誤送信防止サービス-

Active!gateSS
メール誤送信サービス:ActiveGateSS

Active! gate SSとは?

メールや添付ファイル経由の情報漏えい対策は、もはやどの企業にとっても取り組むべき必須の課題だといえます。 Active! gate SSは、7つの誤送信防止機能をメールソフトやサーバーなどの環境に依存しないクラウドシステムで実現し、 企業のメールセキュリティを飛躍的に向上します。

7つのアプローチでメール経由の情報漏えいを確実に阻止!

機能紹介
送信メールの一時保留

送信メールを一定期間保留し、宛先ミス、添付ファイルのつけ忘れ、敬称間違いなどといったうっかりミスを防止します。

添付ファイルの暗号化

添付ファイルをパスワード付きのファイルに変換します。暗号化の面倒な作業やパスワード通知を自動化することで、利用者の負担も大きく軽減!

添付ファイルのWebダウンロード

添付ファイルを自動的にWebダウンロードリンクに切り替えます。大容量ファイルの送信も安心です。

BCC強制変換

ToやCcに一定個数以上のアドレスがある場合、Bccに自動変換します。

送信拒否

設定した条件により、メールの送信自体を拒否し、エラーメールとして送信元に戻す機能です。

時間差配信

社内、準社内、社外にメールを時間差で配信することで、送信者が見落としていたミスに社外へ送信する前に気付くことが可能です。

上司承認

ユーザーが送信するメールの確認や添付ファイルのチェックを第三者が行い、情報漏えいとうっかりミスの防止をより一層強化します。

※プランにより利用いただけるサービスは異なります。

Active! gate SS導入のポイント

セキュリティ・社内ルールに柔軟に対応できること

・きめ細かな条件設定で柔軟な運用可能
 お客様の環境やビジネスの状況によって異なるセキュリティ・運用ルールに対応するため、きめ細かな条件設定が可能です。

優れたインターフェイスと使い勝手を提供すること

・優れたインターフェースと使い勝手
 毎日利用するメールの利便性を損ねないようユーザーに優れたインターフェースと使い勝手を提供します。また、管理者の負荷を軽減するために、優れた管理画面を提供します。

短期間で導入・運用開始ができること

・導入・運用が容易
 クラウド型のメールサービス、メールサーバーを自社内で運用しているケースなど、メール環境を問わずに導入できます。また短期間で導入が可能で、運用時の設定変更なども瞬時に反映できます。

高品質なのに低価格!

初期費用

別途御見積

月額費用

300円/1メールアドレスあたり

※ご利用の機能に合わせて6つのプランがお選びいただけます。(詳細はお問い合わせください。)

当社は株式会社クオリティアのパートナー企業です

当社では開発元の株式会社クオリティア様とパートナー契約を結んでおり、Active!GateSS導入に関する、ご相談、お問合せなど、専任の技術スタッフが対応いたします!

面倒な導入時の代行設定等も承っておりますので、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ

サービスに関するお見積り、ご不明な点など、是非お気軽にお問い合わせください!